保冷箱の機能や種類について

真夏にいくキャンプや海水浴は、暑いさなかに辺に行って涼を取りながら、海や川で泳いだりバーベキューなど美味しいものを食べて、とても楽しい時間を過ごすことができます。

電子ピアノの買取の情報が必要なタイミングで手に入ります。

バーベキューをする時には肉や海産物、飲み物などを準備して現地まで持って行く必要があります。


暑い気温の中で、生もの等を運ぶことは食中毒のリスクも上がってしまいます。
このような時には保冷箱が活躍するのです。保冷箱とは携帯用のバック型クーラーボックスのことをいいます。
箱の材質や構造の工夫で断熱効果がある箱になっています。

@niftyニュースの情報が詰まったサイトです。

断熱材を使用した箱は、外気の温度に影響されにくいために、箱の中に保冷剤などを入れることによって箱の中の温度を低く保つことができるのです。


生の食材などを低温の状態で運びたい時に使用されることがよくあります。断熱効果が高い箱ほど、外気に影響されずに低い温度を保ちやすくなるのです。


保冷箱として用いられるものには様々な種類があります。
一般的に釣り用具として使用されていたプラスチックケースの周囲に断熱材が張り巡らされている保冷箱は釣った魚を保管したり運んだりする時に使用されていました。
今では釣りだけでなく、アウトドアを行う時に食料や飲み物を冷やしながら運ぶ目的の時にもよく使用されています。


また、宅急便などで生ものや冷凍食品などを送る時には、発泡スチロール製のトロ箱をクーラーボックスと呼んで同じ目的で使用することもあります。

近年は断熱材に紙を主成分として作られた保冷パッケージなどもあります。


従来の発泡スチロールと比べても保冷、断熱効果はほぼ同等でありながら、紙でできているために可燃ゴミとして簡単に処分できます。



断熱効果を高めるためには、発泡ビーズの癒着率が高いことと、蓋との密着性の高さが条件です。


近年は断熱効果の高い保冷箱もたくさん開発されているのです。